ワイヤレスイヤホンでよく聞く「マルチポイント」とは?「マルチペアリング」との違いも解説

image3

ワイヤレスイヤホンやBluetoothスピーカーなどに搭載される機会の増えた「マルチポイント」。似た機能として「マルチペアリング」がありますが、それぞれどのような違いがあるかご存知でしょうか?今回は、複数の機器へ接続したい時に便利な「マルチポイント」と「マルチペアリング」の違いについて解説します。

Contents
・マルチポイントとは?
・マルチペアリングとの違い


マルチポイントとは?


image1-2

マルチポイントとは、1つのBluetooth機器と複数の親機を同時接続できる機能のこと。例えばワイヤレスイヤホンとスマートフォン (以下 スマホ) 、PCをあらかじめペアリングしておくことで、どちらの機器に着信があった場合でもスムーズに応対することができます。

さらに踏み込んで説明すると、マルチポイントとは同じプロファイル (デバイス間でやり取りされるデータの種類や伝送タイミングなどの情報をまとめた仕様) を利用して複数の親機と繋げることができる機能。Bluetoothに接続する機器の仕様に左右されず、汎用性を高めるためにはプロファイルを利用することが必要です。例えばワイヤレスイヤホンとスマホを繋げて音楽を聞く時にはA2DP、スマホでワイヤレスイヤホンの音量を調整する時にはAVRCPが利用されています。

主要プロファイル一覧

プロファイル 役割
A2DP (アドバンス・オーディオ・ディストリビューション・プロファイル) ヘッドホンなどに音声データを伝送
AVRCP (オーディオ / ビデオ・リモート・コントロール・プロファイル) オーディオ機器のリモコン操作
HFP (ハンズフリー・プロファイル) ハンズフリー通話を行う
HSP (ヘッドセット・プロファイル) マイク付きイヤホンなどと音声データの入出力


ちなみに最近よく聞くLDACやaptX / aptX HDは音質に関わる音の圧縮方式 (コーデック) を表しており、プロファイルとは別物です。

マルチポイントは、通常接続できない同じプロファイルの機器を接続可能にする機能。これまではPCやスマホなどでワイヤレスイヤホンを使い分ける時は、一度Bluetoothの接続を切り替える必要がありましたが、同じプロファイルの親機でもマルチポイントに対応することで簡単に切り替えができるようになりました。ただし、同じプロファイルを利用したい場合にはマルチポイントに対応した機器を利用する必要がありますので、選ぶ際にはマルチポイント対応機器かどうかもチェックしましょう。


マルチポイント対応のSoundcore製品

ハイレゾ×ウルトラノイズキャンセリングでブランド史上最高音質を実現:Soundcore Liberty 3 Pro

Anker独自技術のウルトラノイズキャンセリング 2.0搭載 & ハイレゾ再生に対応した完全ワイヤレスイヤホンのフラッグシップモデル。通常のコーデック (※) と比較して約3倍の情報量の伝送が可能なLDAC™️にも対応し、原音に近い臨場感や立体感あるサウンドを提供。マルチポイントにも対応したことで、PCとスマホへ同時に接続しながら使用環境をシームレスに切り替えることができます。
※Bluetooth A2DPのSBC (328kbps,44.1kHz時) / iPhone・iPadなどのiOS端末はLDAC非対応です。

 

 

LDAC対応&ノイキャン搭載のワイヤレスヘッドホン: Soundcore Life Q35

40mmの大口径ドライバーを搭載した上でLDAC™️ (※) に対応し、原音に忠実に再現された音楽をクリアかつ大迫力で再生可能なワイヤレスヘッドホン。本製品もマルチポイントに対応しているため、Bluetooth接続を都度切り替えなく、スマホで音楽、PCでWEB会議などの使い分けをスムーズに行えます。またNFCペアリング機能も搭載し、対応のBluetooth機器と接触させることで簡単にペアリングすることもできます。
※マルチポイント接続時にLDACはご利用できません。

 

 

 

「マルチペアリング」との違い


image2

「マルチペアリング」は、1つのBluetooth機器と複数の親機を接続できる機能。マルチポイントに似ていますが、同時接続はできないという大きな違いがあります。例えばPCとスマホを予めペアリングしておき、着信に備えようと思っても、接続日時が新しい親機の着信音しか聞くことができません。またペアリングできる上限数に達すると、新しい機器を接続した際に登録が古い親機から自動で削除されます。

従来は親機を変える毎に、ペアリングをし直す必要があったことを考えると、マルチペアリングはその手間を省ける有用な機能です。このような煩雑さを解消したい場合にはマルチペアリング対応機器を選ぶようにしましょう。

マルチペアリング対応のSoundcore製品

ウルトラノイズキャンセリング搭載完全ワイヤレスイヤホン :Soundcore Liberty Air 2 Pro

イコライザー機能「HearID 2.0」を搭載し、好みに合わせたサウンドを楽しめる完全ワイヤレスイヤホン。Soundcoreアプリ上で自分のいる環境を交通機関 / 屋外 / 屋内から選ぶことによって、そのシーンに最適なノイズキャンセリングが設定される、Anker独自のウルトラノイズキャンセリングを採用しています。音質にもこだわり、10層のナノレイヤーによるPureNoteドライバーがクリアなサウンドを実現します。

 
 

 

防水&長時間再生で大活躍の高音質Bluetoothスピーカー: Soundcore 3

Soundcore随一の人気モデル「SoundCore 2」の上位モデル。徹底して音質にこだわり、軽さと強度を兼ね備えたチタニウムドライバーを採用したことにより、クリアで洗練されたサウンドを実現しました。Soundcoreアプリに対応し、イコライザーによる音のカスタマイズも可能。また最長30分であれば水深1mまで沈めても操作可能なIPX7の防水規格に対応し、お風呂場やプールでも気軽に音楽を楽しむことができます。

 

 

軽量設計 & IPX7防水規格のワイヤレスイヤホン:Soundcore Life U2

cVc8.0ノイズキャンセリングや10mmのドライバーを搭載し、クリアな音声を楽しむことができるワイヤレスイヤホン。約33gと軽量で、肩にピッタリとフィットする設計のため、移動しながらの音楽体験や音声通話に最適。付属のUSB-Cケーブルを使い、5分間充電することで約2時間の再生が可能。バッテリーが切れてしまってもすぐに利用を再開することができます。

 

 

マルチポイントを活用することで、これまで切り替えが面倒だったスマホとPCのBluetooth接続の切り替えがスムーズに行えるようになり、これまで以上に快適なオーディオ環境を整えることができます。ぜひ、製品選びの参考にしてください。