リモートワークのデスク環境を快適にするAnker製品

 リモートワークや在宅勤務を推奨する企業が増えている中、仕事に集中できるよう、自宅のデスク環境をもっとアップデートしたい!と考える方も多いのではないでしょうか。 今回は皆様のデスク環境をより快適にしてくれる、おすすめのAnker製品をご紹介致します。 
Contents
充電器をアップデートするとデスク上がスッキリ
 USB急速充電器

  Anker PowerPort Atom III Slim (Four Ports)
  Anker PowerPort Atom PD 2
 ワイヤレス充電器
  Anker PowerWave 7.5 Stand 
 ケーブル
  Anker USB-C & USB-C Thunderbolt 3 ケーブル

オーディオ環境のアップデートで作業用BGMと通話をシームレスに
 Bluetoothスピーカー

  Anker Soundcore 2
  Anker PowerConf
 完全ワイヤレスイヤホン
   Soundcore Liberty Air 2

USBハブひとつで様々な機器へ接続
  Anker 3-in-1 プレミアム USB-Cハブ
  Anker PowerExpand Direct 7-in-2 USB-C PD メディア ハブ

 

充電器をアップデートするとデスク上がスッキリ


まずは、デスク上で最も目につくケーブルをすっきり整理するためのポイントから。

ノートPCやスマートフォン (以下スマホ) などをデスクで充電しようとすると、どうしてもたくさんのケーブルが散乱してしまいます。 また、自室だとコンセントの数も限られているため、複数の機器を充電したい!と思ったときにポートが足りないといった経験もあるのではないでしょうか。

そんな時は、充電器のアップデートがおすすめ。複数の機器を充電したい時は複数ポートを搭載したUSB急速充電器を、ケーブルの整理整頓にお悩みならワイヤレス充電器を利用してケーブルレスな環境を整えることで、散らかっていたデスクをスッキリと整理することができます。

USB急速充電器

Anker PowerPort Atom III Slim (Four Ports)

限られた自室のコンセントにおいて役立つのが、複数ポートのUSB急速充電器。「Anker PowerPort Atom III Slim (Four Ports) 」は、最大45W出力のUSB Type-C (以下 USB-C) ポートと最大20WのUSB-Aポートを3つ搭載しているため、お持ちのノートPCだけでなく、スマートフォンやタブレットなどを4台同時に充電することができます。 また約1.8cmの薄型&コンパクト設計かつ安定感のある平置き型デザインのため、デスク上の場所をとりません。 この一台でデスクの充電環境が整う、ミニマリスト必見の万能アイテムです。

 

 

Anker PowerPort Atom PD 2

ケーブルをすべてUSB-Cに統一している方には、「Anker PowerPort Atom PD 2」がおすすめ。複数ポートの出力を最適化するAnker独自のIPAテクノロジーを採用し、1ポート利用時は最大60W、2ポート利用時には合計最大60Wのフルスピード充電が可能なため、MacBookを充電しながら他のUSB-C対応機器へも同時に充電ができます。 さらに一般的な60W出力の充電器に比べ約15%コンパクトなため、デスク環境だけでなく持ち運びにも最適です。リモートワークもするけれど、会社や外出先で仕事をすることもあるという方には心強い選択肢の一つです。

 

 

ワイヤレス充電器
Anker PowerWave 7.5 Stand

デスクをスッキリさせるための王道アイテムのひとつ、ワイヤレス充電器。 ワイヤレス充電器には様々な形状がありますが、スタンド型の急速充電器は利便性の高さが魅力です。「Anker PowerWave 7.5 Stand」は、内部に2つの充電コイルを搭載しているため、スマホをお好きな向きで充電可能。動画を視聴する場合は横置きで、Webページの閲覧やFaceIDなどの顔認証システムを使用する場合は縦置きでご利用いただけます。 スマホを急速充電するだけでなく、スマホスタンドとしても利用できるため、 PCでの作業がメインでも、スマホの通知が気になる...といった方におすすめの製品です。

 

 

 

ケーブル

Anker USB-C & USB-C Thunderbolt 3 ケーブル

短いケーブルを利用することもデスクをスッキリ快適にするテクニックの一つ。 普段外出先に持ち歩くのであれば、0.9m〜1.8mのような長さのあるケーブルが適していますが、限られたスペースのデスクであれば、0.3〜0.5mのような短めのケーブルがオススメです。なかでも 「Anker USB-C & USB-C Thunderbolt 3 ケーブル」は、0.5mという手頃な長さながら、USB Power Delivery (以下USB PD) 対応の充電器を使用すれば最大100Wの充電が可能な高性能ケーブル。IntelとAppleが共同開発した高速汎用データ伝送テクノロジーであるThunderbolt 3の認証を取得しているため、様々なUSB-C機器を利用する方には特にオススメです。

 

 

 

オーディオ環境のアップデートで作業用BGMと通話をシームレスに


リモートワーク中、自室で集中して作業をするときはお気に入りのBGMをかけながら、という方も少なくないはず。 またリモートワーク中は、Web会議や通話のような、相手と遠隔でコミュニケーションをとる機会も格段に増えます。遠隔会議の際は相手の声がノイズで聞こえないというトラブルや周りの生活音が相手に聞こえていないかという心配もよく耳にしますが、そんな悩みを解決し、同時に気分を盛り上げてくれるのがスピーカーやイヤホンなどのオーディオ製品。スピーカーはお持ちのPCを接続してBGMを流したり、Web会議のときはスピーカー兼マイクとして活用したりとマルチに使えます。また周囲の音が気になる方であれば、イヤホンをつけながら作業をしたり、通話することでより集中できる環境を作り出すことができます。

 

Bluetoothスピーカー

【改善版】 Anker SoundCore 2

Amazonのポータブルスピーカーカテゴリにおいて、不動の人気を誇る「【改善版】Anker SoundCore 2」。最大24時間の長時間再生とBluetooth 5による安定接続が可能な上、実はマイクも内蔵しているためハンズフリー通話にも対応という、自宅での作業中に必要な機能がバランス良く搭載されているBluetoothスピーカーです。ちなみにIPX7対応の防水性能を備えているので台所やバスルームでもご使用いただけます。一番人気のブラックのほか、スタイリッシュなレッドとお部屋のアクセントになるブルーの3色展開なので、インテリアに合わせてお選びいただけます。

 

 

Anker PowerConf

【コミュニケーションをよりスマートに】をコンセプトとして開発されたAnker初の会議用Bluetoothスピーカーフォンの「Anker PowerConf」は、まさに自宅の通話環境を整えるのにうってつけ。6 つの全指向性マイクを 360°に配置することで全⽅位から漏れなく集⾳するだけでなく、オートゲインコントロールにより声の⼤きさやスピーカーフォンまでの距離によらず、均⼀かつ最適な⾳量で⾳声を届けることができます。エコーキャンセリングや残響抑制、ノイズリダクション機能といったクリアな通話を実現するための機能を搭載し、自宅での通話環境を一段アップグレードします。

 



完全ワイヤレスイヤホン

Soundcore Liberty Air 2

より音楽に没入し、かつ通話もより鮮明にしたいという方には完全ワイヤレスイヤホンがおすすめ。その中でも「Soundcore Liberty Air 2」は、最新のcVc8.0ノイズキャンセリングに対応したマイクをそれぞれのイヤホンに搭載しているため、周囲のノイズを除去しつつ通話相手はあなたの音声をより大きくクリアに聞くことができます。タッチパッドで通話への応答や音楽の再生・停止・曲送り、音量調整が可能な上、ワイヤレス充電にも対応しているので、先述の「Anker PowerWave 7.5 Stand」とのセット使いがガジェット上級者です。




 

USBハブひとつで様々な機器へ接続


自宅でオフィスと同じように作業をするために、新たにモニターなどを購入した方もいるのではないでしょうか。MacBookなどをモニターに接続する場合、USB-Cポートを拡張するためにUSBハブは必須のアイテム。

最近ではiPad Proの充電ポートにもUSB-Cが採用され、iPad ProとUSBハブを直接接続してSDカードやモニターと同期することが可能になりました。 高性能かつスリムなUSBハブが一台あれば、PCのポートを拡張するだけでなく周辺のケーブルをすべてUSBハブへ集約することができるため、デスク周りの整理整頓にも役立ちます。

 

Anker 3-in-1 プレミアム USB-Cハブ

 
ハブとして使いながら、USB-C Power Delivery (以下USB PD) によるフルスピード充電が可能な「Anker 3-in-1 プレミアム USB-Cハブ」。外部ディスプレイと接続するためのHDMIポートやUSB 3.0ポートも搭載しているため、MacBookを充電しながらディスプレイを充電したい方におすすめのUSBハブです。

 

 

Anker PowerExpand Direct 7-in-2 USB-C PD メディア ハブ

2020年に新たに発売されたUSBハブで、特におすすめしたいのが「Anker PowerExpand Direct 7-in-2 USB-C PD メディアハブ」。これまでのUSBハブはケーブルタイプが主流でしたが、本製品は差し込み端子とハブが一体型となったケーブルレスの設計で、必要十分な7つのポートを備えつつもMacBookにも溶け込むようなコンパクトなデザインとなりました。 さらにUSB-C ポートはThunderbolt 3に対応し、最大100Wでの充電と40Gb/sの速さでのデータ転送、さらには5Kでの映像出力も可能なため、MacBook Proのような大きな電力を必要とする高性能な製品にも充電しながらデータ転送やディスプレイへの映像出力などができます。 これからUSBハブの購入を検討している方に自信を持っておすすめできる製品です。

 



デスクの快適性は、整理整頓だけでなく、今回ご紹介したような便利な製品によってお好みでカスタマイズ&アップデートすることができます。この記事が、これまでより柔軟な働き方ができるようになったビジネスパーソンや新生活に合わせてデスク環境を整えたい皆様のスマートな生活の後押しとなれば幸いです。