【2021年版】災害時のスマホ充電も安心!Ankerおすすめの防災アイテム8選

TOP

皆様は、万が一に備えて防災グッズは準備していますか?非常食や水、医療品などは在庫状況や賞味期限に気に配っているという方も多いですが、災害時には私たちの暮らしの基礎となっている「電力」の確保もとても大切です。

近年はスマホが普及したことで、災害時でも情報収集や家族 / 友人との連絡がしやすくなった一方、いざスマホの充電が切れてしまうと当たり前にできていたことができなくなり、大きな不安を感じてしまうことに。また季節によっては、身体を暑さや寒さから守るために扇風機や電気毛布などもあると安心です。ただでさえ不安な時だからこそ、「電力」を確保できることは大きな安心感に繋がります。そこで今回は、Anker製品の中からポータブル電源やモバイルバッテリー、充電器など、災害時に役立つおすすめ製品を厳選してご紹介します。

Contents
1台あれば大きな安心!おすすめのポータブル電源とソーラーチャージャー
災害時のスマホの充電に欠かせないモバイルバッテリー
充電だけじゃない、災害時のために備えておきたいお役立ち防災グッズ

 

1台あれば大きな安心!おすすめのポータブル電源とソーラーチャージャー


h2-1

災害時の電源確保に強い味方となるのが、ポータブル電源です。モバイルバッテリーの10倍以上の大容量バッテリーと家のコンセントと同じACポートを備えており、発電機と違って静音性に優れているため、自宅や避難先など場所を選ばずにどこででも使うことができます。防災目的で購入する場合は、容量の大きさと出力ポートの種類に加えて、持ち運びのしやすさなども考慮してバランスの良いモデルを選ぶのがポイントです。

さらに太陽光パネルを搭載したソーラーチャージャーがあれば、太陽光を活用してスマホやポータブル電源などを充電できるので備えておくとより安心感が得られます。

 

防災推奨マークを取得した超大容量ポータブル電源:Anker PowerHouse ll 800

a1750

Anker PowerHouseシリーズ史上最もパワフルなポータブル電源が本モデル。778Whの超大容量、合計最大770Wの超高出力という2つの魅力を兼ね備え、計11個の出力ポートを搭載しています。家庭用のコンセントと同じ純正弦波ACポートから電気毛布や小型冷蔵庫など2つの小型家電へ給電しながら、USB-AポートやUSB-CポートからスマホやノートPCなどを同時に充電できるので、家族や友人と電力を分かち合うことができます。ACポートやDCポートには防塵 / 防水カバーが付いており、災害時の持ち運びの際も安心です。一般社団法人防災安全協会により、防災分野において有益な活用が可能で、安全性、機能性、利便性に寄与する製品として認証され、防災推奨マークを取得しています。

Amazonで見る > 本サイトで見る >

 

持ち運びしやすい大容量ポータブル電源:Anker PowerHouse ll 400

a1730

重さ約4.6kgというコンパクト設計ながら389Whの大容量バッテリーと5種類の出力ポートを搭載し、計8台の機器に合計最大516Wで同時に充電 / 給電できます。付属のACアダプタとUSB Power Delivery (以下 USB PD) 対応の充電器から本体に同時充電でき、最短4時間で満充電が可能です。明るさの異なるライトモードやSOS用のフラッシュモードを搭載しており、照明や救命信号として利用できます。バッテリー容量やポート数、機能性、持ち運びのしやすさの全方位で死角のない好バランスモデルです。

Amazonで見る > 本サイトで見る >

 

PowerHouse ll シリーズに充電できる高出力ソーラーチャージャー:Anker PowerSolar 3-Port 100W

a2431

上述した2つのポータブル電源 (=Anker PowerHouse ll シリーズ) への充電に対応した、ソーラー発電ができる充電器です。電源を確保できない環境でも本製品があれば太陽光で電力を生み出せ、またポータブル電源と併せて使えばより幅広い機器への充電 / 給電が可能になります。最大100Wの高出力が可能なDCポートに加えて、USB-CポートとUSB-Aポートも備えており、スマホなど最大3台までの機器の同時充電が可能です。最大23.5%の高効率で太陽光エネルギーを電力に変換する単結晶パネルや太陽光を効率良く集めるための太陽の位置測定器、パネルの角度や向きを太陽の位置に合わせて簡単に調整できるキックスタンドを備えており、短時間でも効率的に発電します。本製品も防災推奨マークを取得しています。

Amazonで見る > 本サイトで見る >

 

災害時のスマホの充電に欠かせないモバイルバッテリー


h2-2

災害時に困ることのひとつに、スマホの充電切れがあります。被災状況や避難所情報、食料や水などの配布情報などの収集や大切な人との連絡にスマホは欠かせませんが、電力を確保できていない場合は充電の残量を気にしながら使用することになってしまいます。そんな時にあると便利なのが、携帯性に優れたモバイルバッテリーです。普段から持ち歩いておけば、万が一の災害時にも落ち着いて対応できます。

モバイルバッテリーの重さや大きさは、一般的に搭載されているバッテリーの容量に比例します。荷物を重くしたくないという方はスマホの充電が1~2回程度できる10000mAh未満の超軽量&コンパクトモデル、安心感とサイズ感のバランスを取りたいという方は10000mAh帯、安心感を優先したい方は20000mAh帯のモデルから探すことをおすすめします。またモバイルバッテリーでも1台2役の機能を兼ね備えていたり、便利な付加機能がついていたりするモデルもあります。

 

ソーラー充電対応のモバイルバッテリー:Anker PowerCore Solar 20000

a1650

付属のUSB-C & USB-Cケーブルによる充電に加えて、ソーラー充電にも対応し、電源 (コンセント) がない場所でも本体を充電することができます。IP65レベルの高い防塵 / 防水性能で不具合の原因となる砂や粉塵、水の侵入を防ぎ、耐衝撃構造で屋外でも安心して使用できます。20000mAhの超大容量でスマホなら複数回の充電が可能で、USB-C / USB-Aポートから2台の機器を合計最大出力30Wで同時にフルスピード充電できるため、家族や友人のスマホも一緒に充電できます。側面に3種類の明るさモードを切り替えられるライトを搭載し、SOSモードは救命信号として活用できます。

Amazonで見る > 本サイトで見る >

 

モバイルバッテリーとUSB急速充電器のハイブリッドAnker PowerCore Fusion 10000

a1623

Anker PowerCore Fusionシリーズの最上位モデル。モバイルバッテリー&充電器の一体型モデルでは最大クラスとなる10000mAhの大容量バッテリーを備え、スマホやタブレット端末などの幅広い機器への急速充電に対応しています。モバイルバッテリーを持ってはいたものの本体充電を忘れてしまい、使いたいときに使えなかったという失敗はよくあるもの。その点、本モデルはコンセントに挿しているときは充電器として、コンセントから取り外すとそのままモバイルバッテリーとして使えるため、本体充電のし忘れを防げるというポイントも人気の秘密です。なお、本体は約4時間で満充電が可能です (※充電時間はAnker調べ) 。

Amazonで見る > 本サイトで見る >

 

USB-Cケーブル内蔵型モバイルバッテリー:Anker PowerCore+ 10000 with built-in USB-C Cable

a1221

約6cmのUSB-Cケーブルを内蔵しているので、別にケーブルを用意する必要がなく、いつでもどこでも本製品ひとつでGalaxy S10などのスマホの充電ができます。また、軽量で持ち運びしやすいデザインながら10000mAhの大容量バッテリーを搭載しているため、災害時の備えとしても十分な安心感があるのも嬉しいポイントです。
※Lightning端子ではないため、iPhoneの充電はできません。

Amazonで見る > 本サイトで見る >

 

充電だけじゃない、災害時のために備えておきたいお役立ち防災グッズ


h2-3

Ankerではポータブル電源やモバイルバッテリーの他にも、災害時に役立つ製品をラインナップしています。あらゆるシーンに対応でき、痒いところに手の届く製品を厳選してご紹介しますので、参考にしていただければ幸いです。

 

防水性能を備え、長時間使用ができる懐中電灯:Anker Bolder LC30

t1426

300ルーメンの明るさで暗闇を照らすことができ、高ビームモード / 低ビームモード / ストロボモードという3つのライトモードから状況に合わせて簡単にモード切り替えが可能です。雨の中での使用にも耐えられるIPX5対応の防水性能を有し、-10℃の氷点下でも機能します。アルマイト加工を施したボディは傷が付きにくく丈夫で、手の小さい方や女性でしっかりグリップが利くスリムなデザイン設計に仕上がっています。ライトのベゼル部分が波形になっているため、ガラスや窓の破砕に活用できます。

Amazonで見る > 本サイトで見る >

 

様々な機器に対応可能な3-in-1の万能USBケーブル:Anker PowerLine ll 3-in-1 ケーブル

a8436

Lightning (Apple製品の独自端子) / Micro USB / USB-Cの3種類の端子が一本にまとまったUSBケーブル。複数本のケーブルを持ち歩く必要がなくなるので、日常生活はもちろん、災害時は特に便利です。12000回もの折り曲げテストもクリアし、一般的なケーブルより12倍以上高い耐久性を実現。Lightning / Micro USB機器は最大2.4A、USB-C機器は最大3Aの高出力で、スマホやタブレット端末、Bluetoothスピーカーなど様々な機器への充電に対応しています。Apple MFi認証を取得しており、Apple製品との高い適合性と安全性が認められています。

Amazonで見る > 本サイトで見る >

地震や台風などの自然災害による甚大なリスクが高まっている昨今。万が一に備えて、電力や電源確保に関わる防災グッズを揃えておくことは被災下での生活の不便や不安の軽減に繋がります。大切な人との連絡や重要な情報をキャッチできる環境作りのために、ご紹介したAnker製品がお役に立てば幸いです。