ドッキングステーションとUSBハブの違いは?選び方 / 活用メリットとAnkerのオススメ4選

20210514001

ノートPCにより多くの周辺機器の接続を可能にするドッキングステーションやUSBハブは、作業環境をよりすっきり、より便利にアップグレードしてくれる優れものです。とはいえ、その選定は意外とガジェット上級者でも難しく、希望通りの環境を整えるためには一定以上の知識や理解が必要です。

そこで今回は、ドッキングステーションやUSBハブの選び方を解説しつつ、Ankerから出ているオススメ製品を厳選してご紹介していきます。

Contents

 

改めて整理!ドッキングステーションとUSBハブの違いとは?


20210514002

本題に入る前に、まずはドッキングステーションとUSBハブの違いを改めて確認しておきましょう。

ドッキングステーションとは、HDMIなどの映像出力端子やLANポートなどの通信回線、USBポート、SDカードスロットといった様々なインターフェースを搭載したアイテムです。ノートPCにドッキングステーションを繋ぐと、ノートPCの機能拡張ができるだけでなく一台で複数の機器と同時に連係できるため、デスクで散らかりがちなケーブルをすっきりまとめるのにも一役買います。また、ドッキングステーションは原則、電源アダプタによる電力供給 (セルフパワー) が行われるため、安定したパフォーマンスを発揮できるのが特徴です。

対してUSBハブは、基本的に複数のUSBポートを気軽に増設したり、ひとまとめにしたりするためのアイテムで、電源アダプタからではなく接続するPCから電源供給を受けます。ただし、USBハブの中でもUSB-Cハブについては少しだけ注意が必要です。というのも、USB-Cハブは純粋な「USBポート増設」以上の機能、具体的にはデータ転送や充電ポートの他にLANポートやHDMIポートを搭載しているなどドッキングステーションと同等の機能を有しているハイスペックモデルも存在するからです。USB-Cハブとドッキングステーションを比較すると、電源供給の違いから生じるパフォーマンスの安定性という点ではドッキングステーションに軍配が上がるものの、高機能なUSB-Cハブはコンパクトで携帯性に優れているという利点もあります。そのため、USB-Cハブとドッキングステーションで迷った際には、どのようなシーンで使いたいかという点から最終判断するのも一手です。

 

最適なドッキングステーションやUSBハブとは?選ぶときに抑えておきたいキーポイント


20210514003

ドッキングステーションとUSBハブの違いを整理できたところで、次は選び方を見ていきましょう。ニーズと合致する一台を選ぶのに最も大切なポイントが【端子の規格】です。特にドッキングステーションは搭載しているインターフェースが多様で、それぞれに理解や知識が必要なことが「選び方が難しい」と言われる所以です。しかしどこに目を付ければ良いかだけでも整理できていると、欲しい機能を満たしているモデルに近道で辿り着くことができます。

● 接続端子
ノートPCと接続する端子には、USB-AまたはUSB-Cの2種類があります。最近はノートPCの接続ポートとしてUSB-Cが採用されるケースが増えているため、それに対応してUSB-C接続のドッキングステーションやハブが増えています。USB-CがUSB Power Delivery (以下USB PD) に対応している場合は、最大100Wという大きな電力を入出力できるため、USB-C接続のドッキングステーションやUSBハブの中には単純にポートを増設できるだけでなく、ノートPC自体の充電にも対応しているモデルもあります。

● 映像出力端子
映像出力という観点では、HDMI / VGA / DisplayPortのどれに対応しているかを確認する必要があります。現在最も一般的でほとんどのPCモニターに使われているのは、画像と音声の両方が処理できるHDMIです。VGA (アナログRGB) は画像のみに対応しており、2015年にインターフェースの廃止が決まっているため、ノートPCの最新モデルで見かけることはほとんどありません。Display Portも主に映像出力のための規格で、音声伝送はオプションのため対応していない場合があります。

またThunderbolt 3 / 4に対応しているUSB-Cは、データ転送や給電のみならず映像出力にも同時に対応が可能です。複数画面で高画質での出力を行いたい場合は、お求めのドッキングステーションがThunderbolt規格に対応しているかどうかを確認してみるといいでしょう。

● 対応OS
Windows / mac / Linuxなど接続するノートPCのOSを確認しておくこともポイントの一つです。ドッキングステーションやUSBハブは標準的にWindows OSには対応していますが、Macユーザーは必ずMac OSに対応しているモデルかどうかを確認してからご購入ください。

●  LANポートの有無
最近はノートPCの薄型化が進んでいることもあり、LANポートが搭載されていないノートPCが増えています。ただし、LAN接続は高速データ転送で通信環境を速く、安定させて利用したいときには抜群の心強さを発揮します。「普段はWi-Fiを使っているけど、家では光回線を利用したい」という場合などは、LANポートの有無でドッキングステーションやハブを決めると良いでしょう。

ドッキングステーションは搭載している機能も多いため、何が自分にとって必要かを整理しないまま製品同士を比較するとかえって迷ってしまうことになりかねません。また多様な機能を備えていても、規格が合わないと宝の持ち腐れになってしまうため、なるべく多機能なモデルを選んでおけば良いというものでもありません。最適な一台を選ぶためには、まず接続したい機器を確認し、そして「普段どんなことがストレスになっているか」、「どのような場面で利用したいか」といったご自身のニーズを掘り下げてから比較検討をされることを強くオススメします。

 

Ankerがオススメするドッキングステーション&USBハブ4選!


20210514004

 

選ぶのが難しいと敬遠されがちドッキングステーションやUSBハブですが、一度使ってみると、純粋なポート拡充以上の有用性に気づくことができます。たとえば、複雑化しがちな配線周りを集約し、デスク周りをすっきりと整理できること。これは【作業環境の向上】に繋がります。そして作業環境の改善は【業務効率の向上】という副次的な効果も生みます。

2020年よりAnkerからは新モデルが続々と登場していますが、ここではその中でもオススメの4モデルを厳選してご紹介します。ドッキングステーションやUSBハブのご購入を検討されている方は是非参考になさってください。

Anker PowerExpand 6-in-1 USB-C PD イーサネット ハブ

20210514005携帯性を重視する方にオススメのモデル。わずか83gという軽量設計ながら、最大53W出力のUSB PDに対応したUSB-Cポート、2つのUSB-Aポート、4K 30Hz対応のHDMIポート、1Gbps対応のイーサネットポート、USB-Cポートを搭載しています。

 

 

 

 

【対応OS】Windows (10 / 8 / 7 / Vista / XP) 、macOS (OS X 10.6以降) 、Linux (2.6.14以降)

 

 

 


Anker PowerExpand 7-in-1 Thunderbolt 3 Mini Dock ドッキングステーション

20210514006コンパクトさを保ちつつ、さらに多数のスロットを利用したい方に最適なモデル。サイズは約10.9×9.0×3.0cm&重さは約225gとコンパクト設計ながら、USB-CポートやUSB-Aポート、HDMIポート、イーサネットポート、microSD&SDカードスロットに接続が可能です。Thunderbolt 3に対応したUSB-Cポートも搭載されているため、特にmacOSユーザーに最適です。
 
 
 
 
 
 
 

【対応OS】macOS 10.12、Windows 8/10、iPadOS

 

 

 


Anker PowerExpand 13-in-1 USB-C Dock ドッキングステーション

20210514007

通常のハブやドッキングステーション以上のパフォーマンスを求める方にオススメなのが、こちら。USB-C / USB-Aポート、1Gbpsイーサネットポート、microSD&SDカードスロットなど計13の接続ポート拡張を行えるだけでなく、最大10Gbpsの高速データ転送や最大3つのモニターへの1080p (60Hz) 映像出力が可能です。Display Portの活用により、4K (60HZ) 出力でモニター接続を行うこともできます (※4K出力にはDP 1.4規格への対応が必須) 。

 

 


【対応OS】Windows (10以降) 、macOS (X 10.10 以降)

 

 

 

 

Anker PowerExpand Elite 13-in-1 Thunderbolt 3 Dock ドッキングステーション

20210514008

「Anker PowerExpand 13-in-1」よりさらに高機能を実現したい方向け。USB-Cポートを経由して、USB-A / Thunderbolt 3対応のUSB-C / USB-C / HDMI / イーサネットへの接続を可能にするほか、microSD&SDカードスロットや3.5mmプラグのオーディオ端子も搭載しています。2基のThunderbolt 3ポートは最大40Gbpsのデータ転送に対応しており、20GBの大容量ファイルでも最速6.7秒で転送できる高パフォーマンスが魅力。愛用のカメラで撮影した高精細の写真や動画も問題なく管理できます。趣味にも仕事にも、あらゆる場面で活躍する、Ankerの最上級ドッキングステーションです。

 

【対応OS】Windows (10 / 8以降) 、macOS (10.12以降) 、iPadOS

 

 

 

 

PC環境を大きく改善できるドッキングステーションとUSBハブ。各社から様々なモデルが出ているだけでなく、搭載するインターフェースの種類も多いため比較が難しいという方もいらっしゃいますが、想定している利用シチュエーションやノートPCに関して今抱えている課題からアプローチすることで最適な一台にめぐり合うことができます。是非ご自身のニーズにぴったりのモデルをご選択いただき、その有用性を実感してください。