よりスマートな生活を実現するPIQ3.0

 

PIQ3.0-_banner_V2

スマートフォンやノートPC等の機器の充電に必要不可欠な充電器。機器毎に採用されている給電規格が異なり、外出や出張、旅行のときにやむを得ず複数の充電器を持ち歩く人も少なくありません。しかし、Ankerの最新の技術であるPowerIQ 3.0を搭載した充電器なら、どのような機器でも1つの充電器でこと足りる毎日を実現できるかもしれません。今回はPower IQ 3.0と、それを搭載した3つの新製品「Anker PowerPort Atom III (Two Ports)」、「Anker PowerPort Atom III 60W」、「Anker PowerPort III mini」をご紹介します。

Contents

なぜAnkerは独自技術、PowerIQ 3.0の開発に取り組むのか
PowerIQ 3.0がスマートな生活を実現できる理由
待望の登場!PowerIQ 3.0を搭載する3つの製品


なぜAnkerは独自技術PowerIQの開発に取り組むのか


PowerIQは、より快適な充電環境の実現を目指して、2014年にAnkerが発表した急速充電技術です。PowerIQを搭載したモバイルバッテリーやUSB充電器にはICチップが組み込まれており、接続機器を即座に認識し、その機器に適したフルスピード充電を行うことができます。2016年には当初最大12Wだった出力が最大18Wに拡張され、PowerIQ 2.0へと進化を遂げました。そして2019年6月、性能面における大幅なアップグレードを経て、PowerIQ 3.0がリリースされました。

PowerIQ 3.0への進化のきっかけとなったのは、2014年に発表されたUSB Type-C (以下USB-C) 、そしてその給電面における拡張規格USB Power Delivery (以下USB PD) の存在でした。USB PDは、最大100Wという非常に大きな電力の出入力に対応しています。言い換えるなら、ノートPCやゲーム機・高性能カメラ等、これまでUSBの給電性能では充電ができなかった様々な電子機器を充電できるような下地が整い、USB-Cポートを搭載していれば一つの充電器で身の周りの機器を充電できる時代が到来したということです。機器毎に異なる充電器を使い分ける必要がない毎日がすぐそこまで見えているのです。

そんな時代の流れを受け、Ankerではできる限り多くの機器に対してよりスマートな充電環境を実現すべく、2つの挑戦に臨んできました。一つは次世代パワー半導体素材「GaN」による高出力の充電器の小型化、そしてもう一つが、PowerIQの進化です。

 

type-C

 

PowerIQ 3.0がスマートな生活を実現できる理由


PowerIQ 3.0には3つの大きな特徴があります。

1つ目はUSB-Cに初めて対応したこと。2つ目はUSB PD (9V= 3A / 15V=3A / 20V=5A) とQuick Charge 3.0 (以下QC 3.0) に対する互換性があり、最大100Wの入出力に対応していること。そして3つ目がGaNを採用した製品にも搭載可能なことです。

現在世界中に様々な給電規格が存在している中、PowerIQ 3.0はできる限り多くの機器に対して、快適な充電環境を提供することを目指して設計されています。つまり、デジタル機器周りの煩雑な環境をよりスマートにできるテクノロジーこそがPowerIQ 3.0なのです。

下記はPowerIQの性能進化をまとめたものです。今回のパワーアップにより、スマートなデジタルライフへ着実に近づいていることがお分かりになりますでしょうか。

spec

PowerIQ 3.0の利便性を理解するためには、現在世界で広く採用されている2つの充電規格について知っておく必要があります。

 

USB Power Delivery (USB PD)

USB PDはUSB-Cの給電規格で、最大100Wという高出力が可能です。これは標準的な5W (5V=1A) 出力の標準的なモバイルバッテリーやUSB急速充電器と比べると、20倍ものパワーに相当します。

策定したのは、アップル、ヒューレット・パッカードカンパニー、インテル コーポレーション、マイクロソフト コーポレーション等の世界でも主要なメーカーから成るUSB 3.0プロモーター・グループ。これまではメーカーや型番が異なるごとにそれぞれに対応した充電器が必要でしたが、この規格化によりスマートフォンやノートPCといった機器の充電を1つの充電器でまかなえる「充電器の統一」という未来が見えてきました。

 

Quick Charge 3.0

QCは米Qualcomm社によって作られた規格で、QC 3.0は3.6~20Vの範囲の電圧を200mV毎に自動で調整し、機器に合った急速充電を行ってくれます。QCには4.0も存在していますが、QC3.0がQC 1.0から3.0までのすべてのバージョンに互換性がある (下位互換がある) 一方、QC 4.0は下位互換に対応していません。対応している電流は2.6Aと4.6Aで、電流と電圧の組み合わせにより最大18Wまで出力が可能です。

なおこの2つの規格の性能を100%発揮するには、下記の条件を満たしていなければなりません。

【USB PDの場合】
充電する機器 / ケーブル / USB充電器の3つがUSB PDに対応していること

【QC 3.0の場合】
充電する機器 / USB充電器が共にQC 3.0に対応していること

つまり、お客様自身がお持ちの機器の給電規格をきっちり把握し、それに適した充電器やケーブルを揃えなければならないのです。しかし、PowerIQ 3.0は充電する機器を自動で認識するため、お客様が機器の規格を知らずともその機器に適したフルスピード充電を行うことができるのです。

 

待望の登場!PowerIQ 3.0を搭載する3つの製品


PowerIQ 3.0を搭載した製品の第一弾として2019年7月に販売されたのが下記の3製品です。コンパクト設計でプラグの折りたたみが可能なため、持ち運びにも最適です。

 

Anker PowerPort Atom III (Two Ports)

accessory (9)


Amazonで見る >本サイトで見る >

 

PowerIQ 3.0とGaNの最強タッグを採用したAnker PowerPort Atom lllシリーズの最注目製品である「Anker PowerPort Atom lll (Two Ports) 」の魅力は、高い利便性とコンパクトさ。USB-Cポート (PowerIQ 3.0搭載 / 最大45W出力) &USB-Aポート (PowerIQ 2.0搭載 / 最大15W出力) を搭載しているため、本製品ひとつでお持ちのほぼ全てのUSB機器製品をフルスピード充電することができます。また 2つのUSBポートを搭載しながら、一般的なノートPCに付属されている60W出力のUSB急速充電器よりも約15%の小型化を実現しました。

20190801002

複数のモバイル機器をご利用の方、外出が多い方に人気の高い「Anker PowerPort ll PD - 1 PD and 1 PowerIQ 2.0」のアップグレードモデルです。

 

Anker PowerPort Atom III 60W

accessory (11)
Amazonで見る >本サイトで見る >

 

 

PowerIQ 3.0とGaNの最強タッグでお届けする1ポートのUSB急速充電器。ノートPC付属の一般的な60W出力の充電器よりも約35%も小さいコンパクトボディかつ折りたたみ式プラグの採用により、持ち運びやすさと高出力の両方を追求しました。MacBook Proユーザーをはじめ、お使いのノートPCやスマ―トフォン等がUSB-Cに対応している方にオススメです。

20190801004

 

Anker PowerPort III mini

accessory (10)
Amazonで見る >本サイトで見る >

 

「Anker PowerPort III mini」は名前の「mini」の通り、超コンパクト設計がポイント。ノート PC付属の一般的な30W出力の充電器に比べておよそ30%の小型化を実現し、その大きさはわずか5cm四方。折りたたみ式プラグを搭載し、持ち運びやすさへの配慮も万全です。MacBook Airをお使いの方や外出時の荷物をミニマムにまとめたい方に特にオススメです。

20190801004

 

PowerIQ 3.0の特設ページはこちら

Ankerでは引き続き、皆様の生活がよりスマートになる製品開発に取り組んで参ります。